賃貸物件の魅力とは

賃貸を見る時のポイント

ペットが飼える賃貸物件の探し方

近年はペットを飼える賃貸物件が増えていますが、どんなペットでも入居できるわけではなく、猫や小型犬ならOK、大型犬は飼えない物件も多いので、部屋探しをする時にはよく確認することが必要です。ペットが飼える物件はペットの足に優しいフローリング材が使われていたり、消臭効果のある壁紙、共用部分にペットの足洗い場を設けているなど、ペットに暮らしやすい環境です。ペットが飼える賃貸物件は希望のエリアや賃料、オートロックや床暖房など必要な設備から探せます。ペットと暮らすなら近所に散歩コースのあるエリアで探すのがお勧めです。

賃貸マンションは本当に損なのか

昔は、家賃を払い続ける賃貸マンションは、結局自分の資産にはならないので損だ、という考え方が多くありましたが、実はマンションを購入する場合と家賃を払って借り続けるのもそれほど差がありません。購入の場合は住宅ローンの金利や毎年かかる固定資産税・都市計画税、大規模修繕、そして馬鹿にならないのがリフォーム代で、建築後20年、30年もすればお風呂やキッチン、トイレ、壁紙などを交換する必要があり、一般的に500万円程度必要になりますから、賃貸とトータルでは差がないのです。

住まいのカタログ情報