リフォームで住み易く

リフォームで老朽化の修繕

暮らしやすくリフォーム

リフォームは修繕や補修、増築や改築といったものをさします。新しい家を作るわけではなく、既存の建物に手を加える作業になります。老朽化に対する修繕と、ライフスタイルにあわせた改築工事があり、建ってから時間が経つと時間が経つと、あちこちに不具合が出たり、壁紙などがはげたりしたものを直すのが、老朽化に対する修繕で、ライフスタイルに合わせた改築工事は家族が増えたりした場合の家族構成の変化などによって行われるものです。リフォームは状況の変化に応じて、さまざまな方法で行い、より自分が暮らしやすくするためのものです。

フロアコーティングと比較

フロアコーティングを施したフロアと、コーティングしていないフロアを比較すると、フロアコーティングしたフロアの方が、傷が付きにくく汚れが付きにくい特徴があります。そして汚れが落ちやすい特徴があるために比較すると掃除がしやすいのも特徴です。新築の家なら傷が付く前にコーティングしておくことをお勧めします。美しい新築の床が、その美しさを長く保ち、いつまでも美しさが持続する良さがあるからです。お手入れも楽で、お掃除するのが負担になりにくいだけではなく楽にお掃除することが可能です。

住まいのカタログ情報